きけるブログ。

聴けるブログ。たまに日々のこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SC420メモ:Windows 2000 Professional インストール

XP Home から Windows 2000 Professional にやっと入れなおした。

自分が買った SC420 は HDD が 160GB だったので、SP3以上 があたっていない w2k はそういう Big Drive に対応していない。
w2k のセットアップディスクからのインストール中のパーティションを設定する画面や、インストール直後の SP があたっていないときは、大体 137GB くらいまでが認識されていて、それ以上の領域(?)は確認できない。
ただ、BIOS の画面では 160GB ある事が確認できる。

多分、w2k 入れてから SP あてて、レジストリを書き変えれば対応するはずだと思ったけど、また再インストールしそうだったので、対応したセットアップディスク自体を作ることにした。

  1. SP+メーカーをインストール
  2. 上記ソフトを使ってSP4+BigDrive対応のセットアップディスクを作成。BigDrive の設定は高度な設定の「Windows 2000 インストール直後からBigDrive(137GB超えのHDD)対応に対応する」にチェック
  3. 新しく作ったセットアップディスクでインストール。インストール中はまだ 130GB くらいまでしか対応していないので、C:自体を 160GB にする事はできない。
  4. インストール後、ディスクの管理から確認すると C:と未割り当て領域、合わせて大体 150GB くらいに認識されている
  5. DELL付属の緑色のCDからドライバ類を入れる

160GB の HDD が 150GB くらいになってしまうのは、私にはよくわからないところで色々使ってしまうみたいで、実質 150GB になってしまうらしい。それくらい全然気にしないけど。

あと、この方法だと C:(OSをインストールする領域)自体を 130GB 以上にする事ができないけど、別な方法や、XP の SP1 対応だったりすると最初からできるんじゃないかと思う。
まあ、C:自体を 130GB 以上にする理由なんてないので、これもまったく気にしない。

次はデータ移行とサウンドカードだな。
うーん、めんどい楽しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tamtammy.blog3.fc2.com/tb.php/89-9588de2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。